操作方法

特別対局室 持ち時間自由設定機能

特別対局室 持ち時間自由設定機能は、HTML5道場での対局でのみ使用可能です。
Java版道場、スマホタブレットアプリでは使用できません(観戦は可能です)。

特別対局室

  1. 東京道場の特別対局室はイベント以外入室できませんが、大阪道場特別対局室は入室可能です。
  2. 持ち時間を自由に設定して対局したい時は、大阪道場特別対局室で対局してください。
  3. 長期に団体さんなどで大阪道場特別対局室を利用する場合は、掲示板の24特別対局室予定表にひとこと書いておいてくださると幸いです。

持ち時間自由設定対局の手順

  1. 両対局者とも特別対局室に入室し、どちらかが挑戦相手を選択する
  2. 自由設定挑戦ボタンが、通常の挑戦ボタンの左に表示されるので、それを押す

  3. 自由設定挑戦ウィンドウが開くので必要事項を入力し、挑戦ボタンを押す

  4. 相手の方へは挑戦応答が飛んでゆくので、OKなら対局ボタンを押す。

以上で、好きな持ち時間、手合いで対局が可能です。

脚注

持ち時間自由設定対局での中断処理

  再開局面 中断までに消費した時間
(中断中の時間ではない)
再開時に挨拶用1分加算
通常の対局
早指し,15分,30分
中断された側から再開
(よって1手戻る場合あり)
カウントせず 両者に1分加算される
早指し2(猶予),
早指し3(フィッシャ)
中断された側から再開
(よって1手戻る場合あり)
カウントせず 1分加算しない
持ち時間自由設定 側は無関係に、
中断局面から再開
カウントされる
再開の指し手に加算
1分加算しない

詳細

  1. 中断までに消費した時間(中断中の時間ではない)も、消費時間としてカウントします。
  2. 中断した時の手番側から再開されます。
    例 先手21手目考慮中で1分40秒経過後、先手が中断ボタン押しても、後手が押しても、
    再開は、先手手番で21手目考慮中消費時間1分40秒で再開
  3. 持ち時間を使い切り、秒読みになっている場合、秒読みスタート時点から、再開します。
    例 秒読み60秒の場合、秒読み残り10秒で中断しても、秒読み60秒で再開。
     
  4. 中断までの消費時間はサーバ側で計測しているため、回線伝搬0~1秒ほど誤差があります。
  5. 再開後一手も指さずに中断すると、挨拶でもたもたしていた分、消費時間が数秒増えます。
     
  6. 中断再開時の挑戦の対局条件は適当でOKです。またどちらから挑戦しても再開できます。
    (サーバ側で中断局があることが分かるからです。新規対局より中断局を優先しますので。
    例えば、早指し2で挑戦しても、中断局に本自由設定があれば、自由設定の条件で再開。)